qrcode.png
http://www.grandjpn.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

ダウケミカル日本(株)特約店
PCCOX日本販売(株)代理店 
有限会社
グランドコーポレーション
〒921-8809石川県
野々市市二日市1丁目60
TEL.076-294-0607
FAX.076-294-1750

──────────────────
自動車ガラス関連工具輸入販売
・自動車ガラス用ウレタン接着剤
・ウレタン接着剤用コーキングガン
・建設機械用特殊ガラス販売
──────────────────
132102
 

接着剤関連FAQ

 

接着剤に関してよくいただくご質問の回答集です

接着剤に関してよくいただくご質問の回答集です
 
 
自動車ガラスの車体への接着は、ガラス(接着面)の汚れや、車体側の汚れや、異なる性質の接着剤の使用、付着(シリコン系接着剤)、プライマーの乾燥不足などが原因で接着不良を起こすことがあり、使用方法をご理解いただかないとリスクを負ってしまうことになりかねません
 
 
接着強度の非常に高い自動車ガラス用ウレタン接着剤ですが、事前処理(被着体のクリーニング、プライマー塗布)を適切に行わないと十分な接着力を得る事が出来ません
 
 
こちらのページではクレーム事故を未然に防ぐための使用方法や、使用上の注意点をお伝え致します
 
こちらで掲載していない疑問点、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください
 
   
プライマーの使用について プライマーは完全な接着に不可欠で、かつ接着促進の目的で使用します

現在ダウオートモーティブ社では万能プライマー(ガラスとボディ、樹脂接着が可能なプライマー)BP5504Gをご用意致しております

万能プライマーの発売により、使用部位を塗り間違えるという心配はございませんが、プライマーの未乾燥や塗り過ぎなどは本来の接着強度を発揮できなかったり不完全な接着につながるため、ご注意ください

万能プライマーの乾燥の基準:2分間

乾燥の目安:指でかるく触れて、指紋にプライマーの付着が無ければ接着剤を塗布する事が可能です
接着剤性能表示に関して 自動車ガラス接着剤の性能を表す指標には、引張強度や引張せん断強度のほか、安全走行可能時、硬化速度などの性能表示がございますが、各接着剤メーカー設定温度等が微妙に異なりカタログデータだけでは性能の優劣を判断する事は困難かと思われます

日本国内では自動車規格の自動車窓ガラス接着剤に関するのJASO(M338-89)の規格がございますが、国際的にはアメリカのFMVSS(連邦自動車安全基準)などの自動車ガラスに関する項目が安全走行可能時間などの評価基準となります

ここで接着剤の性能表示に関しての個々の項目への言及は致しませんが大まかな部分にのみ触れておきます(JASOM338-89)

比重:1.50以下

不揮発分:96.0%以上

垂下率:3mm以下

タックフリータイム:80分以下(*20℃)

引っ張り強度:78.5N(8kgf)(20℃×65%RH×3H)

せん断強度:1.5MPa以上(15.0kgf/cm2以上)*20℃×65%RH×24H(1日)

 同 上 :3.9MPa以上(40.0kgf/cm2以上)*20℃×65%RH×168H(7日)
プライマーの使用上の注意 それぞれのプライマーは使用する前に1分間程度ボトルをよく振り、中身をよく混ぜてからご使用下さい。
(内容物が沈殿したままでしようするとプライマーの性能が十分発揮できない場合があります)

また、含まれている溶剤が揮発し完全に乾燥させた状態で接着作業をすることが必要です。

通常は2分間程度の乾燥時間が必要ですが、特に冬季間気温が低い場合には、補助的にドライヤーの温風を使用するなどして、完全に乾燥させてください。

*プライマー塗布面を指先で触って指先にプライマーが付着しない事が乾燥の目安となります

また、プライマーはガラス・ボディ各部位で使い分け、清潔な刷毛を使用して塗布して下さい。
(汚染による接着不良を防ぐため)

プライマー塗布後は24時間以内に接着作業を完了してください。

24時間以上経過した際には、プライマーを再塗布してください。

*重ね塗りは二度までとして下さい
製品保管上の注意点 プライマー・接着剤については、使用前に品質保証期限をご確認してご使用下さい
また、日常の保管については以下の点をご注意下さい。

プライマーは温度の影響を受けやすいので、5℃から25℃での温度管理が必要です。(出来れば冷蔵庫が望ましい)

プライマーや、ガラスクリーナーに使用されているLPGガスや有機溶剤はは可燃性ですので、十分換気や周辺の火気の取扱にお気をつけてください。

一方、ウレタン接着剤は湿度(空気中の水分)で硬化しますので気密性があり湿度が低いところで、温度は10℃から35℃での保管をお願いいたします
接着剤/プライマーの消費期限 一部の製品を除きウレタン接着剤やプライマーは製造から9ヶ月間の品質保証期間となっております。

輸入製品のためお客様にお届けした時点でそれぞれ実質的には2~3ヶ月余り短い期間でお渡しする事ととなりますが、国内メーカー品と同等の品質保持期限を有しておりますのでご確認の上ご使用下さい。

*弊社では、在庫を必要以上に持たず、在庫管理を的確に行い、5ヶ月以上の品質保持期限を持ったものを出荷致しております。

尚、接着剤・プライマーとも一度開封したものについては、接着強度に影響がでる場合がありますので、14日間で使い切って下さい

*製品に変化が見られた場合は使用を控え、販売店、または当社にお問い合わせください
ガラス面・ボディ面の事前クリーニングについて 自動車ガラスの接着の際に非常に重要となるのが、接着作業前のクリーニングです

弊社では事前のクリーニングに使用するものとして、BETABLADEF1(ベタブレードF1シリコンクリーナー)並びにBETACEAN3300(ベタクリーン3300ガラスクリーナー)
またはイソプレピルアルコール(IPA)を推奨しております

当然のことながらいずれも自動車のガラス面や車体側の接着面の汚れを確実に除去し、また化学品であるウレタン接着剤やプライマーなどの接着に悪影響を及ぼさないものです

市販の溶剤(ホワイトガソリン、シンナー)などには不純物が含めれている物があるほか、相性の良くない物もございますのでご相談ください
 

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら
 
接着剤FAQに取り上げられていない疑問点、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください
 
<<有限会社グランドコーポレーション>> 〒921-8807 石川県野々市市二日市1丁目60 TEL:076-294-0607 FAX:076-294-1750